ホワイトニングの費用

ホワイトニング治療をするにあたり、何よりまず気になるのが、費用です。ホワイトニングをする歯の本数、期間、希望の白さ、施術方法によって、もちろん異なります。また、一般的に保険適用外となるので、全額自費となります。費用はオフィスホワイトニングだと1回数千円から約10万。あくまでも1回での費用です。希望する白さに到達するまで通い続ければ、当選その分費用は掛かります。ホームホワイトニングは2万から5万。歯科医院に通う必要が無い為、マウスピースの制作後は、薬剤の追加料金のみとなります。デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングと、ホームホワイトニング両方を行う為、その分費用もかかります。おおよそ5万から10万となります。

上記でも述べましたが、保険適用外で自由診療になる為、歯科医院によって、かなり開きはあります。使用する薬剤の種類、マウスピースの質、求める歯の白さ、希望する歯の白さに到達するまでの期間で、全く費用は変わってきます。高い料金を払えば白くなるとは一概には言えません。どのくらい通えば希望する白さに到達するかはわかりません。誰だって出来るだけ費用を掛けずに、満足のいくものを望みます。始める前に、まず考えなくてはならない事は、希望する歯の白さになるまでに、トータルでどのくらいの費用が掛かるのか、という事です。事前に歯科医院に問い合わせをして、リサーチする事が必須です。

処置前後の注意点

ホワイトニングは誰でも出来ると言うわけではありません。妊娠中や授乳中の方は避ける事が賢明です。無力タカラーゼ症の方は、薬剤に含まれる過酸化水素水を分解する酵素を持っていない為、ホワイトニングを受けられません。また、程度にもよりますが、虫歯や歯周病の方も、患部を悪化させてしまうおそれがあるので出来ません。その他、入れ歯や差し歯など、人口の歯をお持ちの方もホワイトニングで白くならない為、受けられません。

処置後は歯が刺激を受けやすくなっているので、24時間以内の飲食は、極力控えてください。喫煙は絶対にしてはなりません。主に避けた方が良いとされる食品は、ポリフェノールやカフェインを多く含むもの、色の濃いもの、その他、香辛料や着色料を使用したものも控えて下さい。また、逆に色の白いものや薄いものなど、口にしても問題ない食品もあります。ただ、施術方法によって、異なる場合もありますので、自己判断はせず、必ず担当医に確認して下さい。

歯は加齢と共にもろくなり、食べ物等の着色で黄ばんでいきます。ホワイトニングの効果は永久ではありません。少しでも長く、白い歯を維持するためにも、日々の歯磨きの仕方に注意し、口内は出来るだけ清潔に保ち、定期的なメンテナンスを行う事が必要です。

ホワイトニングの種類

歯の白さは、人の印象に大きな影響を与えます。歯の白さはその人を若く見せ、清潔感にもつながります。多くの人は、毎日当たり前のように歯を磨いていますが、年々歯の黄ばみは目立つようになります。歯が黄ばむ事で笑顔に自信が持てなくなり、話す時も歯を見せないように気にしてしまいます。また、気にしていなくても、思っている以上に、前途で述べたように、人の印象に影響を与えるものです。白い歯は、誰もが憧れるものであり、第一印象を良くする為には、非常に重要と言えます。ここでは歯のホワイトニングについて、どんなものがあるかご説明します。

ホワイトニングの種類には、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングと、大きく分けて3つあります。オフィスホワイトニングとは歯科医院で施術するホワイトニングです。高濃度の薬液を歯に塗布し、熱や光によって歯を白くします。ホームホワイトニングとは、歯科医院に通わず、自宅で出来るホワイトニングです。マウスピースの中に専用の薬剤を入れ、それを一日数時間装着し、ホワイトニングを行います。ただ、マウスピースは、事前に歯科医院で型を取って用意しておく必要があります。最後にデュアルホワイトニングですが、こちらはオフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングの両方を併用して行う施術の事です。オフィスホワイトニング、もしくはホームホワイトニングのみで歯を白くするには、当然、限界と個人差があり、どちらか一方のみでは効果が得られない場合があります。ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングを併用する事により、より一層効果に期待が持てます。

▼関連資料▼
大阪心斎橋でのホワイトニング・セラミック治療なら湘南美容歯科
オフィスホワイトニングが受けられる湘南美容歯科大阪心斎橋院です。